Event

ツブヤ大学 > バウムクーヘン・ナイト > バウムクーヘン・ナイト8

バウムクーヘン・ナイト8

2019年3月6日
7:30 PM - 9:00 PM

バウムクーヘン・ナイト8

1919年3月4日。日本のバウムクーヘンの歴史がカール・ユーハイムによって始まりました。

それから100年。今年は日本でのバウムクーヘン100周年という記念の年となります。

それも踏まえ、3月6日に開催するバウムクーヘン・ナイトは、いつも以上にスゴい!

いつもはバウムクーヘンは1本のみでしたが、今回はなんと2本(2種類)登場。

 

そしてゲストもスゴい。なんと今回はバウムクーヘンの母国ドイツの職人でもある、

フォルカー・グマイナー氏が来日のタイミングで登場いたします。

バウムクーヘンにとって記念となる年。

今年のバウムクーヘン・ナイトは、いつも以上に熱い!!

今回は千駄ヶ谷にて開催します!

出演者

speaker
松本巌
クリエイティブ・ディレクター

クリエイティブ・ディレクター。 2013年、電通から独立し、 コピーライティングを中心とした 企業の広告キャンペーンや音楽制作も行う。 無類のバウマー(バウムクーヘン好き)。 好きなバウムは、シットリ&カタイ「シカッと」タイプ。

speaker
インコさん
コメディアン

コント集団「実弾生活」主宰。 絵と文の作家、リタ・ジェイとしての顔も持ち、各種メディアへの作品を発表。

speaker
加藤正太
マイスター

岐阜大学農学部を卒業後、2004年ユーハイム入社。 子どもの頃からお菓子を食べることが好きで、徐々に自分で作ることにも目覚め、菓子づくりを始める。そんな加藤がマイスターを志したのは、ユーハイム入社後。 2年間のドイツ留学を経て2016年念願のマイスターを取得。特にマジパン細工を得意とする。 大らかな性格ながら、味に関する厳しい姿勢と探究心は人一倍。趣味はメダカの飼育。

speaker
宇田川裕喜
株式会社バウム 代表取締役/クリエイティブディレクター

街、道、ホテル、カフェ、お店、商品、会社などのコンセプトやブランディングを担当。1行の文章も、WEBやお店も街も「場」としてとらえてつくるのが信条。オレゴンやデンマークにも拠点を置き国内外の会社やクリエイターと仕事をしています。

speaker
フォルカー・グマイナー
グマイナー 4代目主人

1898年に創業した老舗菓子店「グマイナー」の4代目の主人。1971年生まれ。 フランス トゥールーズMaison Pillonでパティシエ&ショコラティエとしての勤務から始まり、ヨーロッパ中の店舗で修業を重ね、マイスターを取得。 世界各国で修行を重ねた彼の作る菓子は、故郷ドイツをベースとし、世界各国の菓子・文化が融合したオリジナリティあるものとなった。 世界トップクラスのパティシエによる組織「ルレ・デセール」のメンバーに最年少(当時)で選ばるなど、彼の作るお菓子は非常に高い評価を得ている。

【日時】3月6日(水)19時30分スタート(19時 開場)21時00分ごろ終了予定
【定員】80名
ー参加費ー

  • 3000円

    前売券

    • 1ドリンク
    • おなかいっぱいのバウムクーヘン
    • お土産付き
  • 3500円

    当日券

    • 1ドリンク
    • おなかいっぱいのバウムクーヘン
    • お土産付き

※前売券購入後の当日のキャンセルは受付けられませんので、予めご了承ください。

メールで前売券申込の場合は、[email protected] までお申し込み下さい。[出来る限り、Peatixでの決済を推奨]
【メールでの前売券申込の場合は、3/6 「バウムクーヘン・ナイト8」参加希望と記して、お名前とご連絡先、年代を明記ください。】

<開催場所:GOBLIN.千駄ヶ谷店>

渋谷区千駄ヶ谷1丁目13−11